So-net無料ブログ作成
検索選択

【高速道路新料金】無料開放、6月28日午前0時から(レスポンス)

前原国交相は、2010年度の高速道路無料化社会実験を6月28日午前0時から開始するとした。15日の閣議後会見で発表した。

高速道路の無料化社会実験は、首都高速と阪神高速を除く全国37路線1626kmでスタート。対象区間ではETC・現金車問わず、全車種無料で通行できる。

また、2010年度中に供用を開始する東九州自動車道の一部26kmについても、供用と同時に無料化区間となる。追加対象区間となるのは、7月供用予定の高鍋〜西都間12kmと、12月供用予定の門川〜日向間14km。

首都高速と阪神高速を除く全国の高速道路の無料化社会実験区間は、すでに無料で供用中の高速道路を含めると、全体の約30%に及ぶ。

2010年度末の見込みで、無料化区間は1652km。無料供用中区間は1145km。そのほか有料区間は7227kmとなる。

前原国交相はこの社会実験で「高速道路や一般道路の交通量、渋滞等の変化を計測するため、実験開始で全国調査を実施。地域経済への効果、他の交通機関への影響等について調査・分析を実施する」と、話した。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金】無料解放はいつ?  秘密主義で安全対策もままならず
【高速道路新料金】菅首相から最初の指示…微妙に後退?
【井元康一郎のビフォーアフター】内閣シフト、トップ変更で環境対策はどうなる?
高速道路 新料金 特別編集
国土交通省 特別編集

<菅内閣>世論支持回復が内閣方針トップ 初閣議(毎日新聞)
社民に懲りた?…外相「参院で単独過半数得たい」(読売新聞)
1玉20万円のご祝儀相場=でんすけすいか出荷が始まる―北海道当麻町〔地域〕(時事通信)
「仲間内でやっていた」野球賭博申告の力士ら(読売新聞)
化学工場で8人負傷=塩酸漏れる―千葉(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。